Paypal カート.JP

Paypal カート.JP
簡単にクレジットカード決済ショッピングカートが導入できます。
もっとも利用したい支払い方法はクレジットカード決済

考えてみてください。クレジットカード決済が利用できるようになるだけで
あなたのショップは売上増になる可能性が高いのです。

現在、カード決済を利用しているショップオーナーの方は、このページをよく読んでください。今よりも決済手数料を下げることで利益増が可能です。

クレジットカード決済導入の壁

クレジットカード決済導入の壁
信用のために導入したいけど...

審査が面倒・時間がかかる

通常、ショップが完全にオープンした状態で申請しなければなりません。
その後、審査にも一ヶ月・・・場合によっては3ヶ月以上かかることも・・・
ショップの立ち上げから、ここまで半年、ということもざらにあります。

申請後、無事に審査に通れば良いですが、
個人事業主や、起業したてのときなどは、信用がない・実績がないとして審査に通らなかったり、扱う商品の種類・サービスによっても審査に通らなかったり、、、と、とにかく時間だけが過ぎていきます。

決済手数料が高い

審査後、無事にカード決済が使えるようになったとします。
そこでよくよく見てみると、意外と手数料が高いことに気付きます。

初期費用の他、安くはない決済手数料(5%前後)、それに月額利用料などがかかります。※決済代行会社によって異なります。

それでもまだ良いほうで、
審査に通らない場合は、ASPの決済サービスを使うしかありません。
そうなると、10%近くの手数料がかかる場合があります。
更に、末締めで2ヵ月後に手元に入金予定・・・
2ヶ月間は売っても売っても手元にお金が増えないのです。
厳しい起業時の場合はその間に干上がってしまうかも知れません。

結局、クレジットカード決済の導入を諦めているショップオーナーも多いのです。

しかし、日本でもいよいよPaypal が使えるようになってきました。
ですが・・・それでもまだ不完全なのです。

Paypal 決済では不完全

Paypal 決済では不完全

PayPal決済は、全世界に1億9,300万人の会員(※2009年9月末時点)を持ち、世界中のショッピングサイトなどに普及している、インターネットを利用した決済方法です。PayPal口座にクレジットカードを登録するだけで、簡単・安全に決済が可能なため、世界中で利用されています。 ≫ Paypal についてもっと詳しく(別窓リンク)

Paypal を導入すれば...

Paypal 決済のメリット

売上の支払いがとても早い

通常のカード決済は月末締め、来月末払いや、
月末締め、翌々月10日払いなどが多く、
その間、お金が回らなくなることも多いと思います。

その点、Paypal は売上がチャージされていき、銀行送金依頼を行うと、
5日程度で銀行へ振り込まれます。50,000円以上なら手数料無料です。
また、自分の海外口座へも手数料なしで振り込み手続きが可能です。

決済手数料が安い

決済額によって変わってきますが、下記のような手数料レートです。
前の月の合計決済金額がレートの計算の基準になります。

月間販売の受取り総額 取引あたりの手数料
~ 300,000円 3.6% + 40円/件
300,001円 ~ 1,000,000円 3.4% + 40円/件
1,000,001円 ~ 10,000,000円 3.2% + 40円/件
10,000,001円 ~ 2.9% + 40円/件

決済シュミレーション(別窓リンク)

基本使用料なども無く、安いカード決済手数料が魅力です。

定期的な支払いに対応

例えば月額の購読料、会費など、
Paypal のカード決済で受け取ることができます。

1回目の決済日から毎月同じ日に同じ金額を決済することができます。
毎月以外にも、何日に1回、毎週、年ごとなど、自由に選ぶことができます。

※定期支払い利用には、購入者もPaypal アカウントを取得している必要があります。

クレジットカード決済会社の比較

決済代行会社 A社 B社 C社 Paypal
審査期間 3週間前後 最短4週間程度 2~3営業日 即日
審査基準 厳しい 厳しい ゆるい なし
初期費用 12,600円 0円 0円 0円
月額費用 6,300円 0~1,050円 0円 0円
決済手数料 3.8~4.5% 5.04% 8.8% 2.9~3.6%
処理手数料 15.75円/件 26.25円/件 100円/件 40円/件
売上金の振込日 月末締め
翌々月25日
最短で5営業日後 月末締め
翌々月5日
依頼してから
5日程度
その他 - 物品販売のみ。
別途カートの契約
が必要(有料)。
- 弊社開発の
Paypal カートと
連動可能(有料)。

他社と比較してみると、いかにPaypal が優れているかが分かります。

Paypal の問題点

カード決済しかできない

今までも、Paypal のショッピングカートはありました。
その大きな問題点は、カード決済しかできない点です。

購入時には主に、カード決済・銀行振込・代金引換を選択されるお客様が多いと思いますが、Paypal はカード決済のみです。

その為、今までは通常のショッピングカートの「その他の項目」などにPaypal のカード決済の項目を入れておいて、選択したお客様に決済メール(請求書)をあらためて送信して決済してもらう、という使い方でした。

決済が2度手間になり購買意欲が下がる

もう一つの大きな問題点は、決済が2度手間になることでした。

決済方法を選べるようにすると、どうしてもメール決済しか方法がなくなります。

受注後、Paypal のメール決済(請求書)を作ってからお客様に送るので2度手間になります。
「購買意欲がその間に無くなりキャンセルされた。」
という経験をお持ちのショップオーナーの方も多いのではないでしょうか。

遅い場合、2~5日後に決済手続きを行うお客様もいます。
すぐに支払いが完了するのがクレジットカード決済の良いところですが、Paypal ではそうはいきませんでした。

トラブル&問題

Paypal 決済を利用していて起こるトラブルは主に以下の2つ。

・支払いの方法がわからない
・カード番号が入力できない

Paypal のメール決済の画面は一般のお客様からすると分かりづらいと思います。

過去にPaypal にログインしたことのあるブラウザの場合は、カード入力画面の変わりにログイン画面が表示されます。それも一般のお客様が分かりづらいところだと思います。


以上のような理由で、中規模以上のショップでペイパルを使うことは現実的ではありませんでした。

問題点を全てクリアしたPaypal カートを開発

解決策のご提案
いせきけんじ

Paypal Cart の誕生

Paypal のメリットを活かしたまま、欠点を取り除いたショッピングカートを開発いたしました。

こんにちは。ITコンサルタントの いせきけんじ です。過去に様々なホームページテンプレートを開発してきました。

今回のシステム開発も、こんなお客様の要望から始まりました。

  • 外部のサイトにコードを貼って動かせるタイプのカートで、シンプルかつ使い勝手の良い物がない。
  • 手数料の安さからペイパルを使っているが、カートとして使いづらい。
  • 複数のショップを一元管理したい。

動画解説

ではまず、どんな画面でどのように動くのか見てみてください。

動画解説

お客様がPaypal アカウントをお持ちでない場合でも、
クレジットカード決済は可能です。

動作確認用にテストページを用意しております。どうぞお試しください。
テスト商品ページ(別窓リンク)

Paypalカート管理画面で商品登録し、発行されたコードを
あなたのホームページやブログに貼り付けるだけでショップサイトに早変り。

通常のショッピングカートと同じく、
買い物かごに入れる → 決済画面に進む → 決済方法を選ぶ
という流れで自然にお買い物ができます。

決済確定後、お客様に自動返信メールが送信されます。
在庫管理機能もあります。
複数のショップサイトを一元管理できます。

同一カート内で、下記の3種類の決済に対応できます。
・クレジットカード決済(Paypal) ・銀行振込 ・代金引換

ペイパル決済
クレジットカード決済 銀行振込 代金引換

サービス内容詳細へ(別窓リンク)

弊社開発の 「Paypal カート」はまだまだ発展途上ですが、ショッピングサイトを複数管理する上での最低限の機能と使いやすさを備えています。

特に使っていただきたいのは、
・個人事業主や副業、起業したばかりの方
・現在、他社の決済ASPをご利用で高い手数料を支払っている方

です。

クレジットカード決済がショップで使えるとそれだけでも信用につながります。
決済方法を変更するだけでも、手数料が下がる分だけ利益が増えます。

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]

PageTop



HOME - Bパートナー - Paypal について - お知らせ - よくある質問 - 導入事例

サービス内容 - 料金案内 - 決済シュミレーション - お申し込み
会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。